又吉直樹の才能!天才と呼ばれる人に発達障害の人が多い理由

スポンサーリンク

『火花』で社会現象を起こした後も、快進撃を続ける又吉直樹さん。才能豊かな又吉直樹さんを天才と呼ぶ人もいます。又吉直樹さんのように多方面に才能を発揮する人には、しばしば発達障害の人がいます。天才と呼ばれる人に発達障害の人が多い理由を説明します。

又吉直樹は天才⁉︎マルチな才能を発揮

又吉直樹さんを世間に押し出したのは、『火花』が芥川賞を受賞した事でした。その『火花』。実は、編集者に「今書けているところまでで良いので、読ませてください」と言われ、数日で20枚ぐらいを一気に書き上げたという創作秘話があります。書き始めると、物語が動いていくというのは、一部の天才にしか見られない事として、又吉直樹さんの才能に注目が集まりました。

『火花』に続く2作目の『劇場』も、初版30万部スタートと好調。2018年大河ドラマ「西郷どん」では徳川家定を演じる事が決まっています。また、NHKのドラマ「許さないという暴力について考えろ」では、脚本に挑戦する事になり、話題になっています。

→桐谷広人七段は発達障害なのか?こだわりの強さと性格について

シュール過ぎる言動!発達障害が疑われる人に見られる特徴

マルチな才能を発揮する又吉直樹さん。しかし、子供時代はきょうだいに「不思議ちゃんなん?」と訝られる事もあったと言います。ドアノブを舐めたり、おかしなリズムで階段を上ったりしたためです。

名が知られるようになり、「NEWS ZERO」に出演していた時、天然記念物の岩にロッククライミング用の金具が打ち込まれていたというニュースに対して、「お婆ちゃんに席を譲ったら、そもそもそこは女性車両だったというようなものかもしれない」とコメントして、スタジオ中が凍りついた事があります。

シュール過ぎる発言が、その場の空気にそぐわないのは、発達障害を疑われる人に、しばしば見られる特徴です。

スポンサーリンク

→加藤一二三の特徴的な喋り方!発達障害やアスペルガーの人の喋り方について

天才と呼ばれる人に発達障害の人が多い理由

天才と呼ばれる人は、自分の能力が最大限に発揮される場面に鋭い嗅覚を働かせ、そこに目覚ましい集中力を発揮します。集中力が発揮される場面が、自分の関心事に限定されるのが、発達障害の人です。また、発達障害の人は、出来る事と出来ない事の差が、はっきりしているのが特徴です。

発達障害の人の特性は、天才と呼ばれる人の能力の発揮の仕方と、重なる部分があります。そのため、天才と呼ばれる人には、発達障害の人がしばしば存在します。ただし、発達障害の人は、出来る事と出来ない事の差が激しいため、日常生活で困り事を抱えます。

天才と呼ばれる反面、ごく普通の生活で困難を抱えるのが、発達障害の人です。

→蛭子能収のエピソードからアスペルガー症候群や発達障害を考える

今回のまとめ

マルチな才能を発揮して話題になっている又吉直樹さん。天才と呼ぶ人もいます。そんな又吉直樹さんも、シュールな発言が滑って、周囲を凍りつかせる事があります。そうした状況は、発達障害の人によく見られるものです。発達障害の人は、自分が関心を持った事に直進し、強い集中力を発揮します。

そのため、天才と呼ばれる事もあります。ただし、発達障害の人は、出来る事と出来ない事の差が大きく、そのギャップが日常生活の困難を生んでいます。

→愛子様に発達障害や自閉症?逆さバイバイも症状の一つ?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です