林家正蔵の激やせ!病気やストレスで激やせする事ってあるの?

スポンサーリンク

林家正蔵さんが見違えるほど痩せてしまい、話題になっています。激やせしたのは病気のせいではないかと、心配する声もあがっています。病気やストレスで激やせする事はあるのでしょうか?

林家正蔵の激やせ!どうしても出演したいドラマの役作りのためだった

林家正蔵さんは、2005年に9代目林家正蔵を襲名する前は、林家こぶ平を名乗っていました。小太りだから「こぶ平」だと言われています。林家正蔵を名乗るようになってからも、ふくよかな体型は保たれていましたが、最近、急に頬がこけてきました。

激やせは、ダイエットの成果とされています。夕方5時以降は食事を控えたり、ジムでトレーニングをして、体を絞ったと言います。

そのようにして体重を落としたのは、「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第8話にメインゲストとして出演する事が決まったためだとされています。このドラマに役者としてどうしても出演したいと、林家正蔵さんは熱望していたと言います。

→貴乃花親方の激やせの原因は病気?一気に痩せすぎるのは注意が必要!

役では根治手術が不可能とされる病人!実際に×××の患者の3分の2は痩せてしまう

林家正蔵さんが演じるのは、根治手術が不可能とされる病を患った元大臣秘書官・八雲拓哉役です。患者らしさを表現するために、林家正蔵さんは激やせしましたが、意図的に体重を減らそうとしていないのに、体重の5%以上が半年で落ちた場合は、病気が原因となっている可能性があるとされています。

激やせした場合に疑われる病気には、糖尿病、バセドウ病、うつ、胃炎や胃潰瘍、癌などがあります。根治手術が不可能とされる病気は末期がんですが、末期がんの場合は、脂肪だけでなく、筋肉も減少していくのが特徴です。

そのため、げっそりとした異様な痩せ方になります。末期がんの患者の3分の2に、体重減少が見られるとされています。

スポンサーリンク

→愛子さまの激やせは拒食症が原因?治療はしているのか?

ストレスで激やせする事もある!理由は×××が増えるから

病気以外にストレスが溜まっている時も、痩せてしまう事があります。マイナビウーマンが2015年に行ったアンケートによると、「あなたはストレスが溜まると、太るタイプですか?痩せるタイプですか?」という問いに対して、38.2%が「痩せる」と回答しています。

ストレスが溜まると、コルチゾールというホルモンの分泌量が増えます。コルチゾールは、血液中のブドウ糖を増加させ、血糖値を上昇させます。血糖値が上昇すると、満腹中枢が刺激され、食事をしていなくても「お腹いっぱい」と感じます。

一般的な成人のコルチゾールの分泌量は、1日あたり約20mgですが、強いストレスにさらされると、1日に200~300mgものコルチゾールが分泌されます。食欲が無くなり、体重が減少します。

→桐谷美玲は痩せすぎ?病気や拒食症の可能性は

今回のまとめ

林家正蔵さんの激やせは、重病人の役を演じるためのダイエットの成果ですが、意図的に体重を減らそうとしていないのに、体重の5%以上が半年で落ちた場合は、病気が原因となっている可能性があります。

また、ストレスが溜まっている場合も、激やせする事はあります。ストレスが溜まると、コルチゾールというホルモンが大量に分泌されます。コルチゾールは、血糖値を上昇させます。

血糖値が上がると、満腹中枢が刺激されます。コルチゾールの分泌量が増えると、食欲不振につながります。

スポンサーリンク

→ともさかりえは摂食障害?痩せすぎの原因は拒食症だから?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です