パニック障害を発症した芸能人や有名人一覧

スポンサーリンク

パニック障害は、突然の息切れやめまい、激しい動機などにおそわれる心の病気になります。心の病気は、きっかけ次第で誰でも発症するものでもあり、芸能人の方でも同じですよね。

今回はパニック障害を発症したことがある芸能人や有名人の人たちをご紹介していきますね。

パニック障害を発症した芸能人

パニック障害は再発しやすい傾向にもありますが、現在は克服され、芸能界でまだまだ活躍している方も多くいます。

・ジャニーズの堂本剛(どうもとつよし)さん

KinKi Kids(キンキキッズ)としてデビューした18歳の時に発症、現在はソロ活動をきっかけに、回復されています。

・元プロ野球選手の長嶋一茂(ながしまかずしげ)さん

野球界から引退した1996年に、パニック障害を発症、現在は独自の克服法をみつけ、克服されています。

・女優の大場久美子(おおばくみこ)さん

母親の死をきっかけにパニック障害を発症、認知行動療法によって治療したのち、回復され活動を再開しています。

・タレントの円広志(まどかひろし)さん

15年間にわたる闘病生活でしたが、現在は克服されていますね。

・元カリスマモデルの安西ひろこ(あんざいひろこ)さん

パニック障害を発症し、休業し、一時期復帰された時期もありましたが、再発し7年間芸能活動を休業されていました。現在はまた復帰されていますね。

・シンガーソングライターのyuiさん

事務所との方針の違いなどもきっかけとなり、パニック障害を発症!一時期、精神安定剤とお酒を一緒に飲むなどで騒ぎになったこともありましたね。

・お笑い芸人の中川剛(なかがわつよし)さん

今でも症状が出ることがありますが、兄に支えられ、生活に支障が出るほど重い症状はなくなっているようです。

・美容家でタレントのIKKO(いっこう)さん

2001年にパニック障害を発症。30歳代後半になり、ヘアメイクの個人事務所を立ち上げた頃の事です。

パニック障害に先立ち、頻繁に過呼吸が起きる過換気症候群を患い、終日、めまいに悩まされていたと言います。
仕事一辺倒の生活を見直し、緑が多い公園をウオーキングする事で、気分転換をするようにして、症状が改善されてきたそうです。

また、バラエティ番組に出演する事も、緊張状態をほぐすのに役立っていると言います。

スポンサーリンク

→堂本剛の病気パニック障害はいつから?現在は回復死している?

パニック障害をもっていた有名人

・歌手のマイケルジャクソンさん

世界的に有名でもある人ですが、パニック障害をもっていて、慢性的な発作症状があり、精神安定剤を服用されていました。

・自然科学者のダーヴィン

「種の起源」の著者でもあるダーヴィンは、当時にはパニック障害の病名がなかったのですが、症状が「パニック障害」そのものだという見解があります。

・宇宙飛行士のバズ・オルドリンさん

万能な自信家ですが、対人関係が苦手で、NASAに集団生活を強制された事が原因で、パニック障害を発症したと言われています。

後日、自らがパニック障害である事を受け入れ、ファンや周囲の人に障害に悩まされている事を明かします。
その事が契機になって、周囲の人に自分が必要とする助力を仰ぐ事が出来るようになり、パニック障害を克服されています。

・ハリウッド女優のエマ・トムソンさん

子供の頃からパニック障害を患い、7歳からセラピーを始めています。

パニック発作を抱えていても、仕事に出なければいけませんでしたが、演技をする事がパニック障害の症状を抑える役に立っていると気づき、それ以降、パニック障害を克服できるようになったと言います。

・ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさん

両親の離婚が原因でパニック障害が始まったと言われています。そのためか、パニック障害に悩まされている事は、長らく公表されませんでした。

ハリウッド女優として新しい人生に適応した事で、パニック障害が寛解したと言います。
ファンサービスの最中、一人の女性ファンがパニック発作を起こした時に、いち早く気づき、声を掛けたエピソードも良く知られています。

→深瀬慧の病気はADHD・パニック障害?現在は回復しているのか?

今回のまとめ

今回名前を出した方以外にも、まだまだたくさんの有名人や芸能人の方がパニック障害をもっていたことを告白されています。

中には、パニック障害とは告白していないが、噂されている人も多いですよね。

パニック障害も、うつ病などの心の病気と同じように、きっかけなどでいつ再発してしまうかわからない病気でもあります。

現在は症状が落ち着き回復されている方も、今後再発しないように薬の服用を続けている方だって少なくありません。

芸能人や有名人にかかわらず、誰でもなってしまう可能性がある病気でもあるのです。

スポンサーリンク

→長嶋一茂のパニック障害の原因!×××の克服法で現在は完治!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です