ガンダム芸人若井おさむ!眠れない時に酒に走るのはうつの兆候!?

スポンサーリンク

若井おさむさんは、アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイのものまねで知られるお笑いタレントです。ガンダム芸人若井おさむさんの飲酒量が、テレビで注目されています。寝酒にしては多すぎるのではないかと、心配する声があがっています。

若井おさむは毎日缶ビール6本とワイン1本飲んでいる!お酒での失敗もあった

2017年12月24日の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演した若井おさむさんは、「最近なぜか寝られません」と訴え、寝られないために寝酒を飲んでいると打ち明けています。若井おさむさんが明かしたところによると、毎日、「だいたい缶ビール6本とワイン1本」飲んでいるそうです。

この酒量に共演者からは、驚きの声があがりました。お酒のうえの失敗も無いわけではなく、4月には「先輩と飲んでコケてしまった」事もあったと言います。

寝酒を飲む理由について、ガンダム芸人若井おさむさんは、「まさかこんなにテレビに出れるとも思っていなかった。悩み事とかないんですけど全然寝れない」と心境を告白しています。

→華原朋美の体調不良の原因!精神的に疲れた時、薬に頼らず復活するには!?

眠れないからと寝酒を飲むのは逆効果⁉︎睡眠薬を服用する際は医師に相談する事が大切

眠れない時に寝酒を飲む人は、少なくありません。しかし、日本睡眠学会によると、就寝前のお酒は「逆効果」だとされています。アルコールを摂取すると、一時的に寝つきが良くなるものの、徐々に効果が弱まり、夜中に目が覚めやすくなります。深い眠りも減ってしまいます。

不眠が辛く、日常生活に支障を来すようなら、睡眠薬の服用も有効です。

ただし、医師に相談して、適切な服用を心がけましょう。ベンゾジアゼピン系睡眠薬などは、眠りの質が浅くなると言われています。また、睡眠薬の中には依存性があるものもあります。自己判断による服用は控えましょう。

スポンサーリンク

→すみれの体調不良の原因はうつ病を発症したから?

うつ病とアルコールは密接な関係があった!眠れなかったら病院を受診しよう

不眠に悩まされる時、疑われる病気の一つにうつ病があります。うつ病の患者の中には、アルコールを多量に摂取する人が多いと言われています。

また、アルコールを多量に摂取する人の中には、うつ病の患者が多いとも言われています。桐和会グループの精神科医・波多野良二氏によると、アルコールとうつ病は、「診療の現場では『ニワトリが先か卵が先か』と同じ」だと言います。

不眠に悩まされて飲酒をするだけでなく、アルコールがうつ病を誘発する事もあるとされています。眠れないからと、寝酒を毎日多量に飲むのは、控えましょう。

不眠に悩まされていたら、うつ病の可能性があるため、精神科医や心療内科を受診するようにしたいものです。

→研ナオコを襲った橋本病とうつ病の関係性!病気は遺伝するって本当?

今回のまとめ

ガンダム芸人として知られる若井おさむさんは、悩みがあると自覚していないものの、眠れないようになり、毎日多量の寝酒を飲んでいる事を明かしています。不眠に悩まされる時、疑われる病気の一つにうつ病があります。うつ病とアルコールは、密接な関係にあります。

うつ病の患者の中には、アルコールを多量に摂取する人が多いと言われています。

また、アルコールがうつ病を誘発する事もあるとされています。眠れない状態が続いたら、寝酒に頼るのではなく、精神科や心療内科を受診しましょう。

スポンサーリンク

→高島忠夫がうつ病になった原因は?夫がうつになったら家族はどうするべき?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です