渡辺直美の体重は100kg!肥満が原因で起こる恐ろしい病気とは?

スポンサーリンク

渡辺直美さんは、インスタグラムのフォロワー数が日本一多い芸能人です。「ぽっちゃりなのに、日本一」の不思議さをテーマに、アメリカの有力紙「ワシントンポスト」が、渡辺直美さんに取材を申し込んだ事もあると言います。渡辺直美さんの現在の体重は103kgとされています。完全に肥満ゾーンです。

渡辺直美の身長から計算すると標準体重は××だった!肥満率は90%以上

渡辺直美さんは、身長157cmです。その身長での標準体重は54kgになります。この標準体重を元に、肥満率を計算してみましょう。

肥満度(%) = (103kg – 54kg) ÷ 54kg = 90.7%

肥満率が50%を超えると、重症の肥満とされます。そのため、医療関係者は、渡辺直美さんについて、「とても健康とは言えない」としています。

渡辺直美さんは、もともと肥満だったわけではありません。デビューした2007年には、体重は70kgでした。翌年には80kg台となり、2012年になると、100kgの大台に突入します。以降、その「ドラム缶」体形がキープされます。現在の渡辺直美さんは、1日8食くらい食べていると言われています。

→血糖値が高い!糖尿病と闘う男性芸能人・有名人

肥満で医療機関に相談する患者の多くは膝や腰に故障を抱えている

肥満が原因でまず起こる問題が、膝や腰の故障です。肥満で医療機関に相談する患者の多くが、関節障害を抱えているとされています。膝の場合は、「変形性関節症」「半月板損傷」のリスクが高くなります。荷重がかかり、軟骨がすり減ったり、半月板を傷めたりします。いずれのケースも、歩行が困難になります。

腰に問題が生じた場合は、腰の椎骨と椎骨の間の軟骨が潰れてしまいます。そのために発症するのが、「椎間板ヘルニア」です。渡辺直美さんは、激しいダンスを披露する事があります。ぽっちゃり体形とのギャップで話題になっていますが、専門家は、「すでに腰痛を患っている可能性がある」と見ています。

スポンサーリンク

→血糖値が高い!糖尿病と闘う女性芸能人・有名人

肥満は動脈硬化の引き金となる病気を招く!心筋梗塞や脳梗塞の心配も

内臓脂肪が増えると、インスリンの働きを悪くする物質がたくさん分泌され、ブドウ糖が細胞に取り込まれにくくなります。糖尿病のリスクが高まります。インスリンは、腎臓の機能を低下させるため、塩分がうまく排泄されなくなって、血圧が上昇します。高血圧になります。また、肥満は脂質異常症の最大の原因です。

肥満の人は、「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」になりやすい傾向があります。これらの病気は、いずれも動脈硬化の引き金になります。動脈硬化が心臓の血管で進行すれば「心筋梗塞」に、脳の血管で進行すれば「脳梗塞」になります。どちらも命に関わる病気です。

→糖尿病に悩まされた芸能人・有名人一覧

今回のまとめ

渡辺直美さんは、現在、完全に肥満ゾーンです。渡辺直美さんの健康状態を危惧している医療関係者もいます。懸念される病気の一つが、関節障害です。膝や腰に病気を抱える、肥満の患者は少なくありません。渡辺直美さんはすでに「腰痛を患っている可能性がある」とする医療関係者もいます。

また、肥満になると、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった病気のリスクが高まります。いずれも動脈硬化の引き金になる病気です。肥満は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる可能性もあります。

スポンサーリンク

→彦摩呂は太り過ぎで糖尿病にならないの?合併症の心配は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です