うつ病にもなった山中伸弥教授!どうやって病気を乗り越えノーベル賞を手にしたのか!?

スポンサーリンク

iPS細胞で有名な山中伸弥教授は、「半分うつ病状態」に陥った事があると、自ら語っています。山中伸弥教授は、どのようなきっかけでうつ病状態になったのでしょうか?どうやって病気を乗り越えてノーベル賞を手にしたのでしょうか?

アメリカ留学から帰国した後に半分うつ病状態に陥った

山中伸弥氏がiPS細胞の研究を始めたのは、留学先でした。科学雑誌の公募に応募して、採用されたカリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストン研究所で、山中伸弥氏はトーマス・イネラリティ教授の指導のもと、iPS細胞の研究を始めました。

帰国後は、日本の医学界に戻り、岩尾洋教授のもと、大阪市立大学薬理学教室助手に就任します。山中伸弥氏が「半分うつ病状態」に陥ったのは、この時期でした。研究環境がアメリカと大きく異なっていたのが、理由の一つでした。また、iPS細胞の有用性が、当時の医学研究の世界において重視されていない事も、山中伸弥氏を悩ませました。

「すぐに役立つ薬の研究をしない」事で、山中伸弥氏は連日のように批判されていたと言います。

→西内まりやの精神状態が心配!病気は心の病なのか?

iPS細胞の研究に専念できる環境に移る事が出来て心身の調子が戻ってくる

心身の不調を抱えた山中伸弥氏は、基礎研究を諦める事にします。そして、研究医よりも給料の良い整形外科医へ戻ろうと思うようになります。悩んでいた時に、科学雑誌で目にしたのが、奈良先端科学技術大学院大学の公募でした。山中伸弥氏は応募する事にします。

ただし、その時は、採用されるとは思っていませんでした。「どうせダメだろうから、研究職を辞めるきっかけのために。」という考えから、公募に応募したと言います。結果として、山中伸弥氏は採用されました。奈良先端科学技術大学院大学は、アメリカで山中伸弥氏が経験したのと似た研究環境のところでした。山中伸弥氏の心身の調子は戻ってきました。

スポンサーリンク

→丸岡いずみがうつ病になった原因!鬱から仕事復帰する方法

毎朝のジョギングがうつ病の改善に効果的だった

山中伸弥氏は、奈良先端科学技術大学院大学で毎朝構内をジョギングしたとされています。体調管理のためでした。山中伸弥氏は、マラソンを趣味とするようになります。ジョギングは、京都大学に移ってからも続けられました。その後、山中伸弥氏は、寄付募集のためのマラソン大会出場も続けるようになります。

朝、ランニングをする事は、うつ病の改善に効果があるとされています。有酸素運動によって、セロトニンの分泌が促されるためです。有酸素運動は、朝日を浴びながら行うと、より効果が高いと言われています。うつ病に対する効果を感じるためには、有酸素運動は20~30分程度行えば良いとされています。

→ガンダム芸人若井おさむ!眠れない時に酒に走るのはうつの兆候!?

今回のまとめ

山中伸弥教授は、研究に専念できない環境に苦しんだ時期に、「半分うつ病状態」に陥りました。勤務先を変わり、iPS細胞の研究に専念できるようになり、心身の調子は戻っていきました。また、心身の不調が和らいだ頃から、毎朝、ジョギングをするようになります。朝、有酸素運動をすると、セロトニンの分泌が促されるので、うつ病が改善されるとされています。

スポンサーリンク

→高島忠夫がうつ病になった原因は?夫がうつになったら家族はどうするべき?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です