ビートたけしの首の癖はチック症!病気の原因は子供の頃にあった⁉︎

スポンサーリンク

71歳で独立を決めたビートたけしさん。ビートたけしさんは、首をぐるんと回す癖があります。首を回す癖は、大人のチック症とされています。大人のチック症の原因は、子供の頃にあるのでしょうか?

チック症にはこんな行動も含まれる!本人の意思とは関係なく行われている

チック症には、ビートたけしさんのように「首をかしげる」だけでなく、「肩をぴくっとさせる」「腕をくねらせる」「スキップする」「体を揺さぶる」「眉間にしわを寄せる」「口をすぼめる」「同じ動作を繰り返す」「あっうっなどの言葉が出る」「相手の言葉の語尾を繰り返す」などの動作があります。

こうした動作は、「本人の意思とは関係なく」行われているのが特徴です。この症状は、突発的に起こります。そして、不規則な間隔で急速に繰り返される特徴があります。症状が「4週間以上持続」した場合、チック症とされます。チック症の原因は、脳の機能障害や遺伝的な側面が関係していると考えられています。

→双極性障害(躁うつ)とされる芸能人や有名人一覧

大人のチック症と子供の頃との関係性!大人になって再燃するきっかけは?

チック症は、子供の病気と思われがちです。しかし、まれに大人になってもチック症を発症する事があります。ビートたけしさんは、そうしたケースの一例です。大人になってもチック症を発症するのは、2種類あります。

①子供の頃からのチック症が継続している場合

②子供の頃に一度は治ったものの、その後、チック症が再燃した場合

です。

大人のチック症も、脳の神経伝達物質の代謝や分泌が、発症に影響しています。ただし、発症原因に「環境の変化」「自分に関係のある大きな出来事」「ストレス」などが関わってきているとされています。また、大人のチック症は、自分で起こっている症状を自覚している事が多いのが特徴です。

スポンサーリンク

→双極性障害(躁うつ)とされる芸能人や有名人一覧

大人のチック症はどんなケースで治療が必要になるのか?治療は薬物療法が中心

大人のチック症は、社会的に問題が無ければ、特別な治療をする必要はないとされています。しかし、周囲の人の理解を得にくく、「わざとやっている」と思われるような場合には、治療が必要になります。性格的に真面目で繊細な人ほど、大人になってもチック症を発症しやすいと言われています。

大人のチック症は、精神科、心療内科、神経内科などで診てもらえます。治療は薬物療法が中心になります。主に、ドーパミンの過剰な働きを抑制する薬が処方されます。

また、症状を気にしすぎると、それがストレスになって症状が強くなるため、カウンセリングや認知療法、行動療法なども取り入れた治療が行われます。

→うつ病を発症した芸能人や有名人は?

今回のまとめ

ビートたけしさんは、首を回す癖があります。大人のチック症です。大人になってもチック症を発症するのは、子供の頃からのチック症が継続している場合と、一度は治ったものの大人になって再燃した場合があります。

大人になって再燃したケースでは、ストレスが関わっているとされています。周囲の人の理解が得にくい場合、治療が行われます。治療の中心は薬物療法です。

スポンサーリンク

→小出恵介はチック症候群?大人のチック症の原因は×××な可能性大?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です