愛子様に発達障害や自閉症?逆さバイバイも症状の一つ?

スポンサーリンク

最近だと激ヤセして心配されている愛子さまですが、発達障害である自閉症の噂もありましたよね。

日本のお姫様とよばれる愛子さまですが、どのような行動から発達障害と噂されているのでしょうか?

小さい頃の様子が発達障害に当てはまるものが多い

愛子さまは小さいころから笑わないことも多く、人見知りのせいもあったのかコミュニケーションもうまく取れていませんでした。

遅刻や欠席も多く、不登校になっていた時期もありましたね。

体調不良での不登校かと思いきや、寝る時間も惜しまず、読書に夢中だったとのことです。

同級生とは別に授業を受けていたこともあり、学校に行きづらくなってしまっていたのでしょうね。

また、挨拶やお辞儀ができない、受け答えがうまくできていないなどの事もありました。

現在は、15歳にもなり、学校への復帰しているのですが、発達障害の人は療育などで社会性を身につけることも可能です。

愛子様は学校の成績はオール5

不登校児気が合ったことや、テストを受けていないこともあったのですが、成績は優秀のようです。

通知表はオール5!

愛子さまの実力なのか、何らかの圧力があってそうなっているのかは定かではありませんが…(・・;)

愛子さまは国語が一番得意なようで、読書もたくさんしています。

通知表の成績が実力の物だとしたら、知的な遅れはないとも取れますよね。

スポンサーリンク

→浜口京子の独特の話し方!発達障害は喋り方が特徴的?

愛子さまは知的な遅れがない発達障害

発達障害にはいくつかの種類があります。

ADDやADHDのように、不注意が多く、衝動性が強いもの。

自閉症やアスペルガー症候群のように、コミュニケーションがうまく取れないものまで様々です。

愛子さまの場合、知的な遅れはないので、もし発達障害だとしても、高機能自閉症かアスペルガー症候群ということになりますね。

愛子さまは逆さバイバイをしていた

「逆さバイバイ」というのをご存知ですか?

通常バイバイする時に手を振るのに、相手の方に手のひらを向けて手を振りますよね。

それができずに、自分の方に手のひらを向けて手を振る「バイバイ」を逆さバイバイと言います。

愛子さまには、その「逆さバイバイ」をしている時期がありました。

この逆さバイバイは、発達障害をもっている子供がしやすい行動でもあるのです。

笑わない、コミュニケーションが苦手、逆さバイバイをする、不登校になってしまうなどから、発達障害ではないかという噂になっていましたね。

愛子さまは療育を受けたからなおった?

皇室の事は公表されないことが多いため、詳細はわかりませんが、現在は「逆さバイバイ」は治っていました。

また、最近噂にもなっている激ヤセの原因が「拒食症」の疑いも強いですよね。

発達障害をもっている子は、二次障害としての摂食障害やうつ病など様々な心の病気を持ってしまうことも多いです。

発達障害をもっているから今度は拒食症になってしまっているとも考えられなくもありません。

→雅子様の病気は統合失調症?治療は薬で行うのか?

今回のまとめ

愛子さまの小さい頃の行動は、発達障害を持つ子供に見られる行動が多かったが、正式には公表されていない。

全ての教科の成績が優秀ということで、知的障害があるとは考えにくい。

もし、発達障害をもっていた場合でも、高機能自閉症かアスペルガー症候群にあてはまるということになります。

スポンサーリンク

→愛子さまの激やせは拒食症が原因?治療はしているのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です