天才か?大津高志君!東大生とアスペルガー・発達障害の関係性

スポンサーリンク

注目度が上がっている東大生が大津高志(おおつ たかし)君です。「さんまの東大方程式」で、その濃いキャラが際立っていますね。大津くんは天才でしょうか?また、アスペルガーを疑う声がありますが、東大生とアスペルガーの関係性はどうなのでしょうか?

大津高志君は天才!趣味は昆虫食だった

大津高志君は、東京大学の理科二類に在籍しています。理科二類では、生物、化学、物理学を中心に学んでいるそうです。大津くんのIQは140~150と言われています。IQが120を超えると「秀才」、140を超えると「天才」の部類に入るとされています。大津くんは、まさしく天才になります。

大津高志君が饒舌に語るのが、「昆虫食」の魅力です。番組の企画で東大生が広瀬すずさんに告白する時には、大津くんも告白し、「昆虫食に対してどう思いますか?」と質問していました。大津くんのオススメは、蜂の子やタイのバッタを揚げたものとか。

昆虫の美味しさを共有できる人が周囲にいないのが悩みのタネと語っています。

→メンサ(mensa)メンバー岩永徹也は天才か?IQや学歴について

大津高志君にアスペルガーの噂!本人が語る生きづらさは?

大津高志君には、アスペルガーを疑う声があがっています。自分の頭の中にある事を怒涛のように喋り続ける様子が、番組でも目立っています。どこに向かっているのか周囲の人間には見当がつかない話を一方的に続けるため、さんまが怪訝そうにしている事もあります。また、共演者と目を合わせようとしません。

大津高志君も、対人関係に悩みを抱えていた事を次のように明かしています。

※これまで周囲と馴染めず苦労してきた
※人付き合いの類が本当に苦手
※自分なんかが結婚したってみんなが不幸になる

こうした悩みや主張がアスペルガーと一致しているため、大津くんにはアスペルガーを疑う声があがっています。ただし、病院を受診して発達障害やアスペルガーと診断された事は無いようです。

スポンサーリンク

→浜口京子の独特の話し方!発達障害は喋り方が特徴的?

東大の入試問題はアスペルガー向きだった⁉︎東大生に発達障害が多いのは事実⁉︎

東大生には発達障害が多いという伝説があります。明確なデータが存在するわけではありません。しかし、東大OBの精神科医である吉田たかよし氏は、本郷赤門前クリニックで発達障害に悩む受験生のカウンセリングを行い、「東大に発達障害が多いのは事実」と断言しています。
吉田たかよし氏は、東大の試験問題はアスペルガー向きと指摘しています。

※東大受験では論理思考が問われる数学が最重要科目とされている
※英語はとにかく分量が多いが、アスペルガーの人は反復作業が得意なので疲れを感じない
※東大の国語では論説文が出るので、論理的思考でカバーできる

そのため、アスペルガーと診断された生徒が東大に入ると、「ふっと楽に」なったと感じると言います。

→サヴァン症候群と言われる芸能人や有名人

今回のまとめ

東大男子に世間の熱い視線が注がれています。中でも注目度が高いのが大津高志君です。大津くんは、IQ140~150とされ、まさしく天才です。その一方、対人スキルには問題があり、本人も人付き合いが苦手で、周囲と馴染めずに苦労してきたと語っています。

東大OBの精神科医である吉田たかよし氏は、東大に発達障害が多いのは「事実」と断言しています。

→天才くっきー(野性爆弾)!お笑い芸人だけじゃない、天才の過去を紐解く

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です