春やすこが病気で入院⁉︎椎間板ヘルニアの再発率と再発防止法とは!

スポンサーリンク

ドラマ「陸王」にも出演していたタレントの春やすこさんが、病気で入院していた事を公表しました。椎間板ヘルニアの治療のため、1月4日に手術を受けたそうです。春やすこさんの椎間板ヘルニアは、どんな症状が出ていたのでしょうか?再発を予防するにはどうしたら良いでしょうか?

春やすこの椎間板ヘルニア!手術が選択されるのはどんな場合か?

「陸王」の収録をしていた頃、春やすこさんは痛み止めを服用していたそうです。しかし、痛み止めがだんだん効かなくなり、「坐剤でなんとか一日過ごせる状態」である事を自身のブログに綴っています。ブログでは、手術着に着替えた写真もアップしています。

椎間板ヘルニアの治療には、「観血的療法」と「保存療法」があります。観血的療法とは手術治療の事を指します。通常は保存療法が選択されます。手術が選択されるのは、次のケースです。

※保存療法で効果が見られない
※脚の力が入らないといった、進行性の麻痺を伴う
※排尿障害を伴う
※強い痛みが長く続き、日常生活に支障が出る

→腰痛・ヘルニアに悩まされた芸能人・有名人

椎間板ヘルニアの手術を受けても再発する事がある⁉︎再発率はどの位なのか?

椎間板ヘルニアの手術は、椎間板ヘルニアを切除もしくは摘出するのが一般的な方法です。椎間板ヘルニアの手術を受けた人が、再度同じ部位の椎間板ヘルニアに対する手術を受けた場合を「再発」とすると、手術後5年までの再発率は、4~15%程度と言われています。

手術後、再度症状が出現し、画像検査で同じ部位の椎間板ヘルニアが確認された場合でも、再手術に至らないケースもあります。そのような軽症例も再発とするならば、実際の再発率はもう少し高くなります。再手術は初回手術よりも難しくなると言われています。

スポンサーリンク

→YOSHIKIは何故ヘルニアを発症したのか?ドラムの叩きすぎ?

椎間板ヘルニアの再発予防法!実践したい5つのこと

椎間板ヘルニアは再発しやすい病気です。日常生活で行なっている動きや姿勢などが原因となって、再発を引き起こすので、次の点に注意する事が再発予防になります。

1.中腰にならないようにすること。中腰の姿勢は、腰部の椎間板に体重の6倍ほどの負担をかけます。

2.長時間同じ姿勢でい続ける時には、適度に休憩をとって体をほぐすこと。

3.物を持ち上げる時には、必ず膝を折って腰を落とすこと。自分の方へ物を引き寄せてから持ち上げます。

4.適正な体重を維持すること。

5.腹式呼吸を行うこと。インナーマッスルを鍛えます。

→江口洋介の腰痛・椎間板ヘルニアの原因は?現在の症状は改善されている?

今回のまとめ

春やすこさんが病気で入院した事を明かしました。椎間板ヘルニアで手術を受けたそうです。椎間板ヘルニアは手術後5年までの再発率が4~15%程度と言われています。再発を予防するには、日常生活の動作や姿勢に注意する事が大切です。

スポンサーリンク

→出川哲郎のヘルニアの原因!手術で完治はするか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です