堀ちえみが人工股関節置換術を受けた理由!難病と闘っているって本当!?

スポンサーリンク

タレントの堀ちえみさんは、右足に人工股関節を入れています。人工股関節置換術を受けたのは2015年4月です。堀ちえみさんは、手術の3ヶ月くらい前からは、「余りの痛みに毎日泣いて過ごしていました」とブログに綴っています。堀ちえみさんが人工股関節置換術を受けたのは、どんな理由からでしょうか?

腰痛と思っていたら足の長さが明らかに違うようになって行った

堀ちえみさんは、不調の原因を最初は「腰痛」と思ったそうです。そこで、整体に通ったりマッサージを受けたりしました。しかし、右の腰から足の指先まで冷えが酷く、入浴しても全く温まりませんでした。歩いたり立っていたりする時に違和感を感じつつ、家事をこなしていました。

傍目にも異変が見て取れるようになったのは2014年12月です。「左右の足の長さが明らかに違うので、歩き方がおかしい」と、仕事で一緒になった人や友人に指摘されるようになりました。病院を3回変えて、診察と検査を受け続けました。

→三東ルシアの難病指定の病気!膠原病とは?どんな症状が見られる!?

堀ちえみの病気は突発性大腿骨頭壊死症だった!どんな病気なのか⁉︎

検査を繰り返しているうちに、ようやく判明した病名は、「突発性大腿骨頭壊死症(とっぱつせいだいたいこっとうえししょう)」でした。病名が分かった病院には股関節外来が無く、紹介状を貰って別の病院に行ったと言います。どの病院でも、「痛みから解放される為には、人工股関節置換手術しかない」と言われたと、ブログに記しています。

突発性大腿骨頭壊死症は、太ももの付け根にある「骨頭」、つまり、ボールの部分の骨が死んでしまう病気です。死んだ部分の骨は潰れてしまいます。

潰れたために痛みが生じて、病院を受診するケースが大半です。骨頭への血流が途絶して、骨頭が死んでしまうのが原因とされていますが、メカニズムに関して詳しくは分かっていません。

スポンサーリンク

→北川悦吏子の難病とは!?難聴は何故起こる?病気の原因は何!?

人工股関節置換術はどんな場合に選択されるのか?骨頭だけを置換する場合と比べたメリットは⁉︎

突発性大腿骨頭壊死症は、青壮年期に発症する事が多い病気です。国の難病指定になっています。治療法は、死んでいる骨の範囲と、患者の年齢や活動量などを考え合わせて決められます。死んでいる骨の範囲が小さい場合は、「骨切り術」と呼ばれる、自分の関節を温存する手術が第一選択になります。

堀ちえみさんが受けた「人工股関節置換術」は、死んでいる骨の範囲が非常に広く、骨の角度をどう変えても無理な場合に選択されます。

骨頭だけを金属のボールに置換した場合、術後に骨盤側の軟骨と接して「ダル重い痛み」を感じる事があるため、最近は、人工股関節置換術を行う医師が増えているそうです。

→坂口憲二が難病に!?特発性大腿骨頭壊死症の症状や治療法は!?

今回のまとめ

堀ちえみさんは、人工股関節置換術を2015年4月に受けています。腰痛が酷くなり、歩き方がおかしくなり、痛みのあまり泣くようになったためです。

原因は突発性大腿骨頭壊死症でした。突発性大腿骨頭壊死症は、青壮年期に発症する事が多い、国指定の難病です。骨頭が壊死してしまう病気です。

→8年越しの花嫁のモデル中原麻衣の病名は?難病をどう克服したのか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です