ハンターハンター!冨樫義博先生が天才と言われる理由!

スポンサーリンク

『ハンターハンター』の作者として知られる冨樫義博(とがし よしひろ)先生は、天才の呼び名の高い人です。冨樫義博先生が天才と言われる理由は、どのような事でしょうか?

キャラになりきるのでセリフも表情もすぐに頭に浮かぶところが天才

冨樫義博先生が天才と言われる理由は、漫画のキャラを作っていく方法にあるとされています。キャラを作っていく過程に、普通の漫画家は悩みます。しかし、冨樫義博先生は、キャラになりきります。セリフは、キャラになりきって考えると言われています。

そして、キャラがそのセリフを口にする時の表情が、すぐに頭に浮かんでくるそうです。キャラになりきっているため、セリフを言う時の表情がすんなり頭に浮かぶと言います。キャラ同士の会話も、自然に浮かんでくるとされています。そこが、天才と言われる理由です。

→江頭2:50は精神的な病気を抱えてるのか!?天才的な芸人だと思うんだが

短編のストーリーを作る力がずば抜けている!その才能に嫉妬する人も多い

冨樫義博先生は、短編のストーリーを作る力がずば抜けています。漫画家を目指す人の中には、その才能に嫉妬を覚える人も多いようです。冨樫義博先生も、『てんで性悪キューピッド』を連載していた頃は、毎週一話作るのに苦労していたと言います。そこで、冨樫義博先生は、まず映画の脚本家の入門書などを勉強したそうです。

また、短編小説をたくさん読んだと言います。愛読したのは、筒井康隆や平山夢明の作品です。やがて、短編小説の長さはどんどん短くなっていき、ショートショートのように数ページで終わる作品を読むようになったそうです。読みながら、「自分ならどのように話を膨らませるのか?」を考えるようにしたと言います。

スポンサーリンク

→天才⁉︎錦織圭選手の生い立ちやエピソード!努力で天才になれる!?

キャラが自分で判断しているように思えないと不安!話作りには漫才のやり方を採用

冨樫義博先生は、話作りに独特のスキルを持っています。話作りには漫才のやり方を取り入れています。冨樫義博先生は、話のアイデアを形にする時、キャラたちのセリフの掛け合いをどんどん書き出していくそうです。ボケとツッコミのような感じで、キャラ同士がかぶせていき、主人公がオチをつけるという方法を取ります。

キャラ同士の掛け合いでは、そうなるまでの展開の経緯をきちんと検証するとされています。検証過程で、「このキャラの性格だと、この展開にはならない」と判断したら、一度考えた話もボツにすると言われています。

冨樫義博先生は、そのキャラが自分で判断しているように思えないと不安だと言います。

→大谷翔平選手は天才!?凄過ぎる才能はどうやって誕生したのか!?

今回のまとめ

冨樫義博先生は天才と言われます。天才と言われる主な理由は、キャラを作っていく方法にあります。キャラになりきれるのが、冨樫義博先生の才能です。その才能を発揮するまでに、冨樫義博先生は、自分なりの手法で鍛錬を重ねています。

→天才か?大津高志君!東大生とアスペルガー・発達障害の関係性

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です