冨樫義博!ハンターハンター休載理由は病気?精神病説は本当か?

スポンサーリンク

冨樫義博(とがし よしひろ)さんは、休載が多い事でしばしば話題になっています。2015年には休載率が100%になりました。休載の理由は、病気と言われています。冨樫義博さんの病気は何でしょうか?

冨樫義博の病気は腰痛⁉︎巻末コメントにも症状が記されていた

冨樫義博さんの休載理由について、『先生白書』で知られる味野くにおさんが明かしています。

味野くにおさんによれば、冨樫義博さんは酷い腰痛に悩まされているそうです。寝そべった状態で原稿を描いていたために腰痛を発症したとも、腰痛で辛いから寝そべって原稿を描いていて、症状を悪化させたとも言われています。

冨樫義博さん自身、「ハンターハンター」の巻末コメントに腰痛の症状を書き続けていた時期があります。「寝たきり→第3匍匐(ほふく)→ハイハイ→つかまり立ちを経て病院へ」(21・22号)、「10段階で10の痛みの時は一晩中1cmたりとも体を動かせない」(24号)など、深刻な病状が綴られています。

→ハンターハンター!冨樫義博先生が天才と言われる理由!

腰痛の痛みが強いのは心の問題が関係していた⁉︎×××の分泌が減るから

腰痛には原因不明のものが多いとされています。原因がはっきりしているはずの椎間板ヘルニアでも、痛みが強い人と痛みがほとんどない人がいます。

スイスのチューリッヒ大学が、1995年、椎間板ヘルニアの患者を対象に行った調査では、約3分の2が「心の問題」によって痛みが引き起こされていました。

ドーパミンが大量に分泌されると、痛いはずの状況でも痛みが軽減されます。しかし、日常的にストレスを受け続けていると、ドーパミンの分泌が減ります。すると、痛みが抑えられなくなります。痛みがストレスとなり、ドーパミンの分泌がさらに減少するという悪循環が生じます。

スポンサーリンク

→タイガーウッズも苦しむ鎮痛剤依存症とは?症状や克服方法について

ストレスによる腰痛!心因性腰痛症の治療ではストレスを取り除くアプローチが大切

腰痛の中には、整形外科だけで治せない病気もあります。ストレスによる腰痛です。ストレスによる腰痛は、「心因性腰痛症」と呼ばれています。レントゲンやMRI検査をしても、発痛源を厳密に断定できない腰痛に対して、「腰痛症」という病名が用いられます。

心因性腰痛症は、腰痛に対する治療を行っても良くなりにくく、痛みが長引くのが特徴です。痛む場所が移動して一定ではなくなる事があります。

心因性腰痛症の場合は、整形外科での治療と併せて、心療内科や精神科での治療を行う事が推奨されています。心療内科や精神科では、カウンセリングや心理療法により、ストレスを取り除くアプローチがなされます。

→いしだ壱成が顔面麻痺!顔面神経痛の原因はストレス?治療法ってあるの?

今回のまとめ

休載率が高い事で知られる冨樫義博さん。休載の理由は病気と言われています。病気は腰痛とされており、冨樫義博さん自ら巻末コメントに症状を明かしています。

腰痛の中には、心因性のものが少なくありません。心因性腰痛症の場合、ストレスを取り除く事が大切で、心療内科や精神科でも治療を受けるのが望ましいとされています。

→山口達也はアルコール依存症⁉︎手の震えが見られたら依存症の可能性あり⁉︎

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です