長瀬智也は天才か!?恐るべき天然エピソードが最高!

スポンサーリンク

長瀬智也さんは、多彩な能力を発揮する事で高い人気を誇っています。その演技力が際立ち、「天才か⁉︎」と噂されたのが、『ごめん、愛してる』です。

『ごめん、愛してる』は、長瀬智也さんの衝撃的なラストに涙した人が多かった作品です。天才的な演技力と天然すぎるエピソードのギャップも、しばしば話題になります。

寡黙な律の思いを表情だけで表現!天才的と評価されたシーンは?

『ごめん、愛してる』で長瀬智也さんが演じたのは、主人公の岡崎律です。律は、幼い頃に母親に捨てられて、不遇な環境で育ちました。そのためか、事ごとに自分を律してしまい、「不遇に瞳を曇らせて闇を抱えている」ような人物として造形されています。律は寡黙な性格で、沈黙が流れるシーンが少なくありません。

長瀬智也さんの演技が「天才的」と特に高く評価されたのが、麗子の手料理を食べるシーンでした。麗子に「母親」を感じた律は、「自分が息子です」という言葉を飲み込み、家を出てしまいます。その間、口にした言葉は、「すんません」のみ。語られなかった母親への思いが、観ている者に伝わる長瀬智也さんの演技でした。

→ハンターハンター!冨樫義博先生が天才と言われる理由!

素顔は律と対照的!有名な天然エピソードは⁉︎

素顔の長瀬智也さんは、律とは対照的な人柄です。表裏が感じられない、あっけらかんとした笑いで、人々の心をほぐします。長瀬智也さん自身、『ごめん、愛してる』の律について、「“もし同じ状況だったら?”って考えたりしますけど、そんなの無理無理…!って」とコメントしています。

天然エピソードは枚挙に暇がなく、有名なところでは、「地震の時に上半身裸でリモコンを持って飛び出した」「車で移動している時は寝ているが、異動先に到着して起こされると、真っ先にお菓子を食べる」「無人島に一つだけ持っていきたい物を問われて『コンビニ』と答える」などがあげられます。

スポンサーリンク

→江頭2:50は精神的な病気を抱えてるのか!?天才的な芸人だと思うんだが

天然すぎる受け答えが最高!思わず頬が緩む天然エピソードはコチラ

長瀬智也さんは、一つの恋を卒業しても、間もなく長瀬智也さんを愛する女性が現れます。長瀬智也さんは、女心をつかむ可愛らしさを備えた男性です。そんな可愛らしさを生んでいるのが、天然すぎる受け答えです。長瀬智也さんの天然な受け答えで、よく知られているものをご紹介します。

※「あけましておめでとうございます」と挨拶されて「ありがとうございます」とまじめに返す

※「あなたにとって人生の転機は?」と尋ねられて「母親が産んでくれたことです」と答えた

※「人生で一番泣いた事は?」と尋ねられて「ドラえもんが未来に帰った時」と答えた(ちなみに、長瀬智也さんは、若い頃、台本のあらゆるスペースに「ドラえもん」のイラストを描く趣味があったそうです)

※お風呂に行った時、目の下までどっぷり湯船に浸かり、「何してんの?」と尋ねられて「カバの視点で世界を見てる」と答えた

※「自分って天才と思うのはどんな時?」と尋ねられて「中華料理屋さんで五目炒飯の五目抜きお願いした時」と答えた

→天才⁉︎錦織圭選手の生い立ちやエピソード!努力で天才になれる!?

今回のまとめ

長瀬智也さんは、表情だけで演じられる、天才的な演技力が注目されています。その評価が定着したのは『ごめん、愛してる』です。その作品で演じた役柄と対照的な天真爛漫さが、男女を問わず人気を集めています。長瀬智也さんの天然エピソードは枚挙に暇がありません。

→大谷翔平選手は天才!?凄過ぎる才能はどうやって誕生したのか!?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です