加賀まりこは顔面麻痺!?眉毛の位置が違うと病気の可能性有り?

スポンサーリンク

加賀まりこさんの眉毛が人目を集めています。「花より男子」に出演して以降のことです。加賀まりこさんの向かって右側の眉毛が、一見して分かるほど下がっています。

その理由として、「顔面麻痺ではないのか⁈」とささやかれています。眉毛の位置が違うと、病気の可能性があるのでしょうか?

顔面麻痺は片側顔面筋の運動麻痺が主な症状

加賀まりこさんに噂されている顔面麻痺は、正式には「顔面神経麻痺」と言われる病気です。顔面神経麻痺とは、顔面神経によって支配されている顔面筋が運動麻痺を起こした状態です。

顔面神経は、「顔面神経管」と呼ばれる狭い管を通って脳から外に出ますが、何らかの原因で顔面神経が腫れる事によって、管の中で圧迫され、麻痺が生じると考えられています。

顔面麻痺は、突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。

「額の片側にシワを寄せられない(眉毛が下がってしまう)」「片目を閉じられない」「片側の口角が垂れ下がる」「片側の口角からよだれが垂れる」などが、よく見られる症状です。麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響くように感じられる事もあります。

→いしだ壱成が顔面麻痺!顔面神経痛の原因はストレス?治療法ってあるの?

顔面麻痺の原因疾患として多いのはヘルペスウイルス感染症

顔面麻痺は、典型的な顔の表情が現れるため、比較的容易に診断がつきます。ただし、顔の両側に同時に発症することもあり、その場合は、MRIなどによる画像診断が必要になります。MRIでは、顔面神経のどの部位に感染による変化が現れているのかを調べます。

顔面麻痺の原因疾患として多いのは、ヘルペスウイルス感染症です。

典型的には、口唇ヘルペスを以前患った人が、突然の顔面麻痺で発症します。顔面神経麻痺の発症前に、耳の中に痛みや水泡が現れた場合は、ヘルペスウイルス感染症による麻痺がまず考えられます。

スポンサーリンク

→米津玄師は高機能自閉症だった!?高機能自閉症の特徴や原因は!?

顔面麻痺の種類の見分け方は眉毛がポイント!眉毛が下がっていたら何科を受診したら良い?

顔面麻痺には「末梢性」「中枢性」の2種類があります。ほとんどの場合は、耳の病気かウイルス感染による末梢性のものです。

ただし、まれに脳腫瘍や脳梗塞などの合併症として起こる、中枢性のものがあります。見分け方のポイントは、「眉毛」です。眉毛を左右対称に動かす事ができるようなら、神経内科か脳神経外科を急いで受診する必要があります。

ウイルス感染の治療をしても後遺症で麻痺が残る場合もあります。慢性期の顔面麻痺については、形成外科で治療を行う必要があります。

眉毛が下がってしまっている場合は、「眉毛挙上術」が行われます。年齢や重症度により、眉毛上切開または頭皮生え際切開を行います。眉毛上を切開しない方法もありますが、効果はやや不確実とされています。

→関ジャニ∞!安田章大の体調不良の原因!鬱というのは本当⁉︎

今回のまとめ

女優の加賀まりこさんは、左右の眉毛が非対称です。そのため、「顔面麻痺なのか⁉︎」と噂されています。顔面麻痺には末梢性と中枢性の2種類があります。見分け方のポイントとなるのが眉毛です。片側の眉毛が下がってしまい、ウイルス感染の治療をしても麻痺が残る場合、形成外科を受診する必要があります。

→加藤一二三の特徴的な喋り方!発達障害やアスペルガーの人の喋り方について

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です