ジュディオングが悩んだペットロス症候群とはどんな病気!?ペットロスの乗り越え方や克服法

歌手のジュディ・オングさんは、ペットロス症候群に悩まされたことを2016年に明かしています。ジュディ・オングさんが苦しんだペットロス症候群とはどんな病気でしょうか?ペットロス症候群を克服するにはどうしたら良いでしょうか?

スポンサーリンク

ジュディ・オングの場合!愛犬との接し方とペットロスの症状は?

ジュディ・オングさんは、「パール」と名付けた愛犬と生活していました。ジュディ・オングさんは、「パール」の育児ノートを12年間毎日記録していました。一人暮らしのジュディ・オングさんは、時には親子のようなペアルックで愛犬の散歩に出かけるほど、「パール」を慈しんでいました。

しかし、「パール」は8歳の時に膀胱がんを患います。そして、5年あまりの闘病生活の末に2013年1月に死んでしまいます。ジュディ・オングさんは、「パール」の死に目に会えませんでした。

その後、ジュディ・オングさんは、幻覚や時間感覚の喪失、うつ状態に悩まされるようになりました。さらに、血圧・コレステロール・血糖・尿酸などの数値も悪化したと言います。

→斎藤佑樹選手の病気ポリアンナ症候群とは!?症状や発症の原因について

ペットロス症候群はメンタル疾患の契機として注意が必要

ペットロス症候群とは、愛するペットの喪失感が招く症状です。

具体的な症状は、ジュディ・オングさんの場合のように、心身ともに現れます。これは、ベットと過ごす事によって培われた深い愛着が、突然に訪れたペットの死や行方不明などによって、行き場をなくしてしまう事によって、引き起こされると解されています。

ペットロス症候群は、日本では2000年頃から注目されるようになりましたが、アメリカなどでは1990年代からメンタル疾患の契機として注目されています。2011年以降の調査では、日本では、15歳未満の子供の数よりもペットの数の方が多く、今後、ペットロス症候群に悩まされる人は増えるものと考えられています。

スポンサーリンク

→本田圭佑選手のバセドウ病の原因!症状は目に現れる?

ペットロス症候群になりやすいのはどんな人?ペットロス症候群の乗り越え方は⁉︎

ペットロス症候群は、「家族以上にペットを大事にしている人」「一人暮らしの人」「ペットを心の拠り所としている人」が罹りやすいとされています。特に一人暮らしの人は、ペットをなくした時に孤独感が強く、ペットロス症候群になりやすいと言われています。

また、「ペットの死に目に会えなかった人」も、ペットに対して心残りがあり、ペットロス症候群になりやすいと言われています。

ジュディ・オングさんは、「パール」が死んだ半年後に、友人に「次の子を迎えなさい」と勧められ、新たな家族となる犬を迎え入れ、「アイリス」と名付けます。「アイリス」はその後、5匹の子犬を出産します。出産に立ち会ったジュディ・オングさんは、死生観が変化したと言います。

「自分を責めないで、もっと楽しかったことを思い出して」と「パール」に言われてるような気がしたそうです。その後、ジュディ・オングさんのペットロス症候群による症状は改善されました。

→米津玄師は高機能自閉症だった!?高機能自閉症の特徴や原因は!?

今回のまとめ

ジュディ・オングさんは愛犬「パール」を亡くした後、ペットロス症候群の症状に悩まされました。ペットロス症候群は、愛するペットの喪失感が招く症状です。心身ともに症状は現れます。

ジュディ・オングさんがペットロス症候群の症状を乗り越えるきっかけとなったのは、次のペットを迎え、その出産に立ち会った事でした。

→ギランバレー症候群を発症した芸能人や有名人は?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です