黒柳徹子の滑舌!?ろれつ回ってないと脳梗塞の可能性があるって本当!?

スポンサーリンク

爽やかなおしゃべりで視聴者を魅了してきた黒柳徹子さん。近年、言葉が聞き取りにくくなっていますね。「徹子の部屋」で若かりし頃の黒柳徹子さんが出ると、「この頃と比べて、ずいぶん言葉が聞き取りにくくなってしまったな」と感じる人が多いようです。黒柳徹子さんの滑舌が悪くなったのは、病気が原因でしょうか?

黒柳徹子の滑舌⁉︎聞き取りにくいのは入れ歯のせい⁉︎

黒柳徹子さんの喋りが変化しだしたのは、「入れ歯」が原因です。黒柳徹子さんは、57歳の頃に差し歯にしていたそうです。64歳の時に上顎を総入れ歯にしたとされています。そして、67歳の時に、自分の歯を2本だけ残して、下顎も全て入れ歯にしたと言われています。

最初に作った上顎の入れ歯は、次第に浮くようになり、外れる事も出てきました。そのため、78歳の時に作り直したそうです。新しい上顎の入れ歯は、一回り大きく作り、下顎の歯との噛み合わせで外れないようにしていると言われています。

→ダースレイダー左目失明の原因は脳梗塞!?どんな後遺症が残るのか!?

ろれつ回ってないのは病気が原因の事もある!突然に症状が出るのは脳血管疾患

黒柳徹子さんの場合は、入れ歯が原因で聞き取りにくい話し方になってしまっていますが、話が聞き取りにくいと「ろれつ回ってない⁉︎」と心配するのが普通です。

「ろれつ回ってない」とは、思い通りに話せない状態です。話をする時は、脳から命令を出し、それを伝える神経を通り、顔の筋肉や舌を動かして言葉を発します。「ろれつ回ってない」状態とは、脳・神経・筋肉のどこかに異常がある事を示しています。

突然に症状が出る場合のほとんどは脳血管疾患です。脳血管疾患とは脳梗塞や脳出血です。また、本格的な脳梗塞の前触れとされる「一過性脳虚血(TIA)」も脳血管疾患です。一過性脳虚血の場合、ろれつ回ってない症状は数分という事もあります。しかし、ここで放置していると、本格的な脳梗塞になる事があります。

スポンサーリンク

→大橋未歩アナの脳梗塞の原因は?病気の前兆と後遺症の心配は?

突然にろれつ回ってない状態になった時の対処法!症状が現れたらすぐに病院を受診しよう

突然にろれつ回ってない状態になった場合、吐き気や麻痺、ふらつきなどの症状がある事も少なくありません。そうした症状が見られたら、応急処置が必要です。

1.暑くない場所に寝かせます
2.衣服を緩め、メガネや入れ歯などは外します
3.横向きに寝かせ、吐いたものが喉に詰まらないようにします
4.車を呼んで早急に病院を受診します

脳血管疾患は、治療開始までに3時間以上経過すると、後遺症が残りやすくなります。医療機関に到着しても、治療を始めるまで1時間はかかります。ろれつ回ってないと感じたら「2時間以内」に病院に到着する事が必須です。

→黒柳徹子がADHDをカミングアウト!どんな事に悩まされていた?

今回のまとめ

近年、滑舌に変化が見られる黒柳徹子さん。聞き取りにくい原因は入れ歯です。ただし、ろれつ回ってない状態が突然に生じたら、脳血管疾患の危険性があります。ろれつ回ってない状態が数分であっても、早急に病院を受診しましょう。

→西城秀樹の脳梗塞の後遺症は?心筋梗塞を併発する可能性は高いのか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です