比企理恵がパニック障害を克服した方法!パニック障害になりやすい人なりにくい人

スポンサーリンク

比企理恵(ひき・りえ)さんは、アイドル歌手として13歳の時にデビューし、現在は女優として活躍しています。歌手として活躍していた頃、比企理恵さんはパニック障害に悩まされたことがあるそうです。

そして、パニック障害をユニークな方法で克服しました。比企理恵さんはどんな方法でパニック障害を克服したのでしょうか?

比企理恵のパニック障害!診断されるまでにどんな事があったのか⁉︎

比企理恵さんは18歳の時に子宮頸がんと診断されました。「死ぬ」という恐怖に苛まれ、「子供が産めない」という不安に悩まされました。さまざまな民間療法を試したり、宗教家の心霊療法も受けたと言います。3ヶ月後、癌は無くなっていました。

しかし、癌が無くなった理由が分からず、再発の不安に悩まされました。そのまま、仕事を続けていき、28歳の時、激しい心臓の動悸に襲われました。発作が頻発するようになり、乗り物に乗れなくなりました。

寝ている時にも発作が起こるため、夜も怖くなりました。病院を受診して「パニック障害」と診断されます。

→長嶋一茂のパニック障害の原因!×××の克服法で現在は完治!?

比企理恵のパニック障害の症状!神社巡りを勧められてお参りしたら睡眠薬無しで眠れた

パニック障害と診断された比企理恵さんは、睡眠薬を服用するようになります。なかなか寝付けず、仕事が終わると睡眠薬を飲んでいたと言います。疑問が湧いただけで妄想がひどくなり、騒ぎ立てるようになりました。比企理恵さんは、ついに自殺を考えるようになります。

そんな状態の時、ヒーリング・ミュージックで有名な宮下富実夫さんに「気分転換だと思って、神社にでもお参りしてみたら」と言われます。「こんなに重い症状が神社巡りで治るはずがない」と半信半疑のうちに、長野県の戸隠神社にお参りしたところ、清々しい気分になったと言います。

その日は半年ぶりに睡眠薬を飲まずに眠れたそうです。その後、6年間で400カ所ものパワースポットを巡り、パニック障害を克服したと言います。

スポンサーリンク

→堂本剛の病気パニック障害はいつから?現在は回復死している?

パニック障害になりやすいのはこうした人!神社巡り以外にも効果的な方法がある⁉︎

パニック障害とは「パニック発作」が繰り返される病気です。パニック発作とは、突然、動悸や呼吸困難などの発作が起こる状態です。パニック発作そのものは、3人に1人が経験すると言われていますが、パニック障害という病気に至るのは100人のうち3~4人と推定されています。

男女別では女性に多く、男性の3倍になります。女性の中で起こりやすい年代は30代、次いで20代です。パニック障害になりやすいのは、「もともと不安や恐怖心が強いタイプ」の人です。

また、多くの場合、ストレスが過度にかかってピークに達した時に、パニック障害が起こりやすくなります。

比企理恵さんは神社巡りで気分を寛がせる事が出来ましたが、日常生活でもリラックスする工夫はあります。ローズやラベンダーなどの精油の香りをかぐと、自律神経が安定して症状が和らぎます。

また、気分をリラックスさせるツボを刺激するのも良いとされています。「合谷(ごうこく)」「神門(しんもん)」「内関(ないかん)」がオススメです。

→鬼束ちひろは病気?発言や行動から精神疾患を患っている?

今回のまとめ

比企理恵さんは、28歳の時にパニック発作に襲われ、発作を繰り返してパニック障害と診断されています。睡眠薬を常用しても寝付けなくなった頃、神社巡りを勧められます。

半信半疑だったものの、お参りした日は睡眠薬なしで眠れました。その後、パワースポット巡りを続けて、パニック障害を克服しました。

神社巡り以外にも、ツボを刺激したり、アロマテラピーの香りを嗅ぐのも効果的な方法とされています。

→パニック障害を発症した芸能人や有名人一覧

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です