沖田×華はアスペルガー症候群だった!?二次障害で起こる場面緘黙症と過眠症とはどんな症状!?

スポンサーリンク

『透明なゆりかご』の原作者として知られる沖田×華(おきた・ばっか)さん。沖田×華さんは、中学生の頃にアスペルガー症候群と診断されています。当初、その診断を受け止められず、成人してからSNSでようやく自身の障害を自覚したと言います。また、二次障害に悩まされ、現在も完治していないそうです。

複数の発達障害と共生⁉︎転職の理由はコミュニケーションが取れないからだった

沖田×華さんは、アスペルガー症候群と診断される前に、学習障害やADHDという診断も受けています。小学4年生の頃のことです。

幼少期は注意力散漫で忘れ物が多く、簡単な計算や読み書きに苦労したため、同級生からいじめられ、先生に厳しく叱られる事が少なくなかったと言います。

高校を卒業し、看護師として働くようになってからは、他の人と全くコミュニケーションが取れない事を痛感し、自己否定の結果、自殺未遂を起こしています。

その後、風俗業に転職し、「本当のことを言わなくていい」点や「希薄な関係」が気に入ったと言います。

→浜口京子の独特の話し方!発達障害は喋り方が特徴的?

沖田×華の発達障害の二次障害!過眠症は「怠け」と誤解されやすい⁉︎

沖田×華さんは、発達障害いう診断をなかなか受け入れられませんでした。

また、当時は学校でのケアもない状態でした。そのため、二次障害に悩まされるようになります。二次障害として沖田×華さんが打ち明けているのは、場面緘黙症と過眠症です。いずれも小学生の頃に授業中に発症したそうです。そして、現在も完治していないと言います。

「過眠症」とは、睡眠が多いのに眠いという状態です。そして、その事が、日常生活の質の低下をもたらしている睡眠障害です。過眠症の患者は、仕事中や食事中、会話中など、日中の寝てはいけない場面で何度も居眠りを強いられます。

そのため、「怠け」「やる気がない」と誤解されてしまいます。

スポンサーリンク

→黒柳徹子がADHDをカミングアウト!どんな事に悩まされていた?

沖田×華の発達障害の二次障害!場面緘黙症は人見知りとは違う⁉︎

沖田×華さんが小学生の頃に発症したという場面緘黙症とは、幼少期に発症するケースが多い疾患です。家庭などでは話すことが出来るのに、社会的状況における不安から、特定の場面や状況では話すことが出来なくなってしまう症状のことです。

人見知りや恥ずかしがり屋との違いは、症状が大変強く、何年経っても自然に症状が改善せず、長く続く場合があるという点です。性別では、女の子の方が男の子より1.5~2倍の割合となっています。

治療法としては、緘黙のある場面で話してみるようにサポートし、本人が「話してみたら楽しかった」という気づきが得られるように支援する「段階的暴露療法」があります。

→メンサ(mensa)メンバー岩永徹也は天才か?IQや学歴について

今回のまとめ

『透明なゆりかご』の原作者として知られる沖田×華さんは、小学生の頃に学習障害やADHD、中学生の頃にアスペルガー症候群と診断されています。対人関係に苦労して自殺未遂を起こしたり、転職したりしています。

また、二次障害を小学生の頃に授業中に発症したそうです。沖田×華さんが打ち明けた二次障害は、過眠症と場面緘黙症です。

→さかなクンはアスペルガー症候群やサヴァン症候群?特質的な能力がある?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です