森公美子の現在の体重は?太り過ぎによる病気の怖さは!?

スポンサーリンク

森公美子さんは、ぽっちゃり女性タレントの地位を早くから確立した芸能人です。ふくよかで元気な森公美子さんの姿にパワーを貰うという人も多いですね。「ダイエットモンスター」という異名を持つ森公美子さんですが、ダイエットのたびにリバウンドしてしまい、現在は太ってきています。

森公美子の現在の体重は?リバウンドしてしまう理由は×××だった

森公美子さんの身長は163cm、公表されているスリーサイズは「B130cm、W90cm、H126cm」です。体重は、「激やせした」と話題になった2013年で、85.8kgでした。この時は、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』のダイエット企画で、108.2kgあった体重を22.4kg落としています。

その後、2016年には8kgリバウンドしたことが明らかにされています。森公美子さんは、調理師免許を持ち、数々のレシピ本を出すほど料理が得意で、定期的にホームパーティを開いているため、ついつい作りすぎて食べてしまうのが、リバウンドにつながっていると言われています。

→嶋大輔が激太り!糖尿病になると太るのか?予防法や対処法は!

森公美子の肥満度はどの位⁉︎肥満の判定指標にはBMIと×××があった

森公美子さんの現在の体重を、激やせしたと言われた85.8kgとしてBMIを計算してみましょう。

「85.8 ÷ ( 1.63 × 1.63 )= 32.37」

BMI30以上35未満は「肥満度2」です。肥満度が高いほど、「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」などの生活習慣病にかかりやすくなります。

BMIは、身長と体重から単純計算した肥満の目安ですが、性別や体格差を反映していません。そこで、もう1つの判定指標として、体重に占める体脂肪の比率を計算する「体脂肪率」が近年注目されるようになりました。適正な体脂肪率は、女性で20~25%、男性は15~19%です。これを上回れば肥満です。

スポンサーリンク

→渡辺直美の体重は100kg!肥満が原因で起こる恐ろしい病気とは?

生活習慣病の原因は内臓脂肪型肥満!おへそまわりの目安は?

体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。生活習慣病は、内臓脂肪型肥満が原因であることが分かってきました。内臓脂肪型肥満は、動脈硬化の危険因子とされています。動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの循環器病を引き起こします。いずれも症状が出にくく、突然発症します。

内臓脂肪型肥満の目安は、「おへそのまわり」を測って判定できます。女性は90cm以上、男性は85cm以上を基準値とします。これを超えると内臓脂肪型肥満の疑いがあります。内臓脂肪型肥満は、ひとつひとつの細胞が太るため、脂肪がつきやすく減りやすいのが特徴です。「食べ過ぎ」「運動不足」を見直すことが必要です。

→高橋真麻が太った!激太りの原因は過食症?

今回のまとめ

ぽっちゃり女性タレントの地位を早くから確立している森公美子さん。2018年現在の体重は、激やせしたと話題になった頃より重くなっていると思われます。激やせした時の体重をもとにBMIを計算しても、肥満度2です。

肥満度が高いほど、生活習慣病にかかりやすくなります。生活習慣病は内臓脂肪型肥満が原因とされています。内臓脂肪型肥満は動脈硬化の危険因子です。おへそまわりが基準値を超えたら、食べ過ぎと運動不足を改善しましょう。

→摂食障害・過食症・拒食症と言われる芸能人や有名人は?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です