高橋里華の義父!認知症の改善方法のポイントは食べ物と×××

スポンサーリンク

高橋里華さんは、90年代に「CMクイーン」と言われたアイドルです。その高橋里華さんが、2018年1月26日の「爆報!THE フライデー」に出演し、認知症を患う義父の介護をする生活を明かしました。

高橋里華の義父は認知症!悩まされているのが夜間せん妄

高橋里華さんの介護生活は、2016年4月22日の「爆報!THE フライデー」でも紹介されていました。2年前の放送では、義父、義母の2人を介護していましたが、義母は2017年5月に他界。現在は義父1人の介護になっていますが、負担は以前よりも増えているそうです。

その原因は、認知症を患う義父が「夜間せん妄」で、深夜になると豹変してしまうことだそうです。「夜間せん妄」は、夕方から夜間にかけて起きるせん妄です。興奮して大声をあげたり暴れたり、幻覚が見えたりします。高橋里華さんは、「私も主人も睡眠障害になってしまって、夜が来るのも怖いし、明日が来るのも怖い」と話しています。

→芦屋小雁は何故認知症になったのか!?原因でもっとも多い割合とは!?

夜間せん妄とは?せん妄が起きた時の対処法は!?

せん妄とは、意識障害が起こり、混乱した状態です。薬の影響や環境の変化によって引き起こされる場合もありますが、その場合、症状は一過性のもので、原因を取り除いたり治療をする事で改善します。認知症の症状の場合、症状は緩やかに進行します。せん妄が数週間経っても改善されない場合、認知症の症状が疑われます。

認知症の場合、回復は見込めないとされています。せん妄が起きた時は、①無理に止めたり反論したりしない ②穏やかに声をかける ③怪我をさせないようにして様子を見守る事が大切です。昼間の活動量を増やして、夜間ぐっすり眠るように生活リズムを整えることも必要です。

スポンサーリンク

→ピューマ渡久地の病気!記憶が消えるのと脳梗塞の関係性

認知症は予防が大切!予防のポイントは食事!効果的な食材は?

認知症は、発症すると悪化していくことが多い傾向にあるため、予防が重要となります。現在は、認知症に対する完全な予防方法はありませんが、「認知症になりにくい方法」については解明されてきており、中でも食事に注目が集まっています。認知症予防に効果的な食材として、次の4つが注目されています。

1.青魚…悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにするDHAやEPAといった「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれています。不飽和脂肪酸を含む食品としてはオリーブオイルも注目されています。

2.野菜や果物…抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、βカロチン、リコピンなどは、特に積極的に摂取すると良いと言われています。

3.大豆製品…大豆に含まれている「レシチン」は、神経伝達物質を生み出すと言われています。神経伝達物質が不足すると、記憶力の低下を引き起こすことがあるとされています。

4.カレー…カレーのスパイスの一つであるウコンには、記憶力の低下を抑える「クルクミン」という成分が含まれています。クルクミンは、アルツハイマー型認知症の原因物質とされる「アミロイドβ」が脳内に蓄積するのを防ぐ効果があると言われています。

→トランプの発言や行動は認知症の初期症状?それとも人格障害?

今回のまとめ

元アイドルの高橋里華さんは、認知症の義父を介護しています。介護の負担を増やしているのが夜間せん妄だと言います。夜間せん妄が起きたら、無理に止めようとせず、様子を静かに見守るのが良いとされています。認知症は、悪化することが多い病気なので、予防が重要となります。予防のポイントとして注目されているのが食事です。

→沢田亜矢子が認知症予防行っているトレーニングは?病気に効果はあるの?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です