松井珠理奈の休業理由!パニック障害?うつ病?精神疾患に見られる主な症状は!?

スポンサーリンク

松井珠理奈さんは、2018年の「AKB48 世界選抜総選挙」にて1位に輝きました。しかし、その直後に休養を発表し、6月19日に予定されていた生誕祭も中止になっています。休養の原因についてはさまざまな憶測が飛び交っていますが、「うつ病」や「パニック障害」を疑う声もあがっています。

総選挙当日のコンサートで過呼吸のような状態で一旦退場している

松井珠理奈さんは、総選挙当日の午前から行われたコンサートの最中に倒れました。「チャンスの順番」でセンターを務めていた時、ソロパートで声が出なくなって涙声になるなど、過呼吸のような状態になりました。

異変に気付いた高柳明音さんや松村香織さんがスタッフを呼び、劇場支配人らと共にステージから下ろしています。

異変による退場について、関係者は「選挙当日になり、緊張や極度の精神的疲労から過呼吸になってしまったのでは」とコメントしています。ファンの前で倒れたことから心配されましたが、自身がリクエストした「記憶のジレンマ」では気球に乗って登場しています。

→パニック障害を発症した芸能人や有名人一覧

過呼吸を引き起こすのは精神的な不安や緊張など!若い女性に多い病気

過呼吸は、「過換気症候群」と呼ばれる病気の主な症状です。過換気症候群とは、精神的な不安や緊張などを感じているときに、自分の意思とは無関係に呼吸回数が通常よりも多くなってしまう状態です。発症すると、手足にしびれや筋肉のけいれんを来たすようになります。

呼吸は、脳の中に存在する呼吸中枢によって調整されていますが、過換気症候群では呼吸中枢が過度に興奮することから、呼吸が不必要に多くなってしまいます。呼吸中枢の異常な興奮は、不安や緊張、疲れ、興奮、恐怖などをきっかけとして引き起こされます。過換気症候群は、男性よりも女性に多く、特に若い女性に多く見られる病気です。

スポンサーリンク

→乃木坂46北野日奈子は病んでるのか!?鬱病の症状は?

パニック障害はうつ病を併発することが多い!?呼吸困難以外の症状は?

若い女性に多く、突然息苦しさを訴えるメンタル疾患に「パニック障害」があります。パニック障害とは、呼吸困難や動悸などの「パニック発作」を繰り返す病気です。パニック発作は、10~30分ほどで治まりますが、発作への不安が新たな発作を引き起こす悪循環に陥ります。ストレスが過度にかかってピークに達したときに、病気が起こりやすくなります。

パニック障害は、うつ病を併発したり、もともとうつ病を持っている人に多く見られる病気です。また、そもそも自律神経のアンバランス状態を示す症状が現れる病気なので、自律神経失調症にかかっている人にも起こりやすいとされています。発作の合間に生じる予期不安から、乗り物に乗れなくなったり、人混みが怖くなる事も多い病気です。

→西内まりやの精神状態が心配!病気は心の病なのか?

今回のまとめ

松井珠理奈さんは、AKB48選抜総選挙にて1位に輝いた直後から、体調不良により休養しています。体調不良の原因については、総選挙当日に過呼吸のような状態になってステージを一旦降りていることから、パニック障害を疑う声があがっています。

パニック障害はうつ病を併発することも多く、パニック発作の合間に生じる予期不安から、乗り物に乗れなくなったり、人混みが怖くなったりする事も多いのが特徴です。

スポンサーリンク

→冨樫義博!ハンターハンター休載理由は病気?精神病説は本当か?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です