斎藤佑樹選手を悩ませた卵アレルギー!発症原因や治る確率はどれ位?

スポンサーリンク

プロ野球選手になってから成績が残せていない斎藤佑樹選手。一部の週刊誌で「キャスター転身か?」とも報じられていますが、実は卵アレルギーだったことが2016年に判明したそうです。

斎藤佑樹選手は遅延型卵アレルギーだった!遅延型フードアレルギーとは?

斎藤佑樹選手は、2016年の秋に約5万円自腹を切って、血液をアメリカの検査機関に送りました。「復活へ向けてやれることは何でもやってみよう」との考えからでした。検査の結果、斎藤佑樹選手は卵アレルギーでした。「遅延性アレルギー」が5段階評価で最も強い「5」と診断されたと言います。

食物アレルギーには、すぐに症状が出るタイプと、症状が食物摂取後、数時間から数週間経ってから出現するタイプがあります。症状がすぐに出るものを「即時型アレルギー」、時間がかなり経過してから現れるものを「遅延型アレルギー」と呼びます。

→ホリケンの顔色が悪いのは病気!?アトピーや肝硬変の可能性は?

遅延型フードアレルギーの症状は?本人が誤解しやすいものだった!?

食物アレルギーの症状としてよく知られているのは、「じんましん」「かゆみ」「呼吸困難」などですが、これらは即時型アレルギーの代表的な症状です。遅延型アレルギーの症状は、「頭痛」「めまい」「だるさ」「肩こり」「疲労感」などです。

遅延型アレルギーの場合、食事を摂取してから症状が出るまでに時間が経っているため、本人はもとより、医師さえもアレルギーに気づきにくく、「自分は体が弱い」と解釈して生活している場合が少なくありません。

遅延型フードアレルギーであることが判明した他の有名人としては、プロテニスプレーヤーのジョコビッチ選手がいます。ジョコビッチ選手は小麦アレルギーでした。

スポンサーリンク

→木村文乃はアトピー性皮膚炎をどうやって克服したのか?その治療法とは!?

フードアレルギーには治療薬はない!加熱は有効な低アレルゲン化の方法ではなかった

フードアレルギーには治療薬がありません。「原因食物でも加熱すれば大丈夫」と誤解している人が少なくありませんが、原因タンパク質は壊れにくい構造であり、加熱したくらいでは普通壊れません。

卵については、卵のタンパク質が加熱に比較的もろい構造をしているため、加熱卵なら食べられる人もいますが、「加熱は低アレルゲン化の有効な方法ではない」と専門家は警鐘を鳴らしています。

フードアレルギーは、専門家の指導で食事を改善しないと、症状はなかなか改善しません。ジョコビッチ選手は、食事を改善して世界一になりました。斎藤佑樹選手が悩まされている卵アレルギーの場合、体内に出来た抗体が消えるまで半年間が必要とされているそうです。

その間、完全に卵断ちして、斎藤佑樹選手は、集中力が途切れなくなったと言います。

→保阪尚希を苦しめた肌荒れの原因!肌のトラブルを改善した方法とは?

今回のまとめ

斎藤佑樹選手は、調子を取り戻すために何でもしようと血液検査をした結果、卵アレルギーであることが判明しました。フードアレルギーには治療薬がなく、斎藤佑樹選手は半年ほど完全に卵断ちをして、症状が改善され、集中力が途切れなくなったと言います。

→ビートたけしの首の癖はチック症!病気の原因は子供の頃にあった⁉︎

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です