家田荘子の生い立ち!偏食家、サプリメントの飲み過ぎは危険!?

スポンサーリンク

家田荘子(いえだ・しょうこ)さんは、「極道の妻たち」の原作者として知られ、現在は出家されています。家田荘子さんは、偏食がひどいことでも知られています。毎朝飲んでいるサプリメントは、16種類28錠とされています。サプリメントの飲み過ぎに医師は警鐘を鳴らしています。

家田荘子の生い立ち!偏食で不足する栄養素をサプリメントで摂取

家田荘子さんは愛知県に生まれました。兄弟はおらず、一人娘です。家田荘子さんの母親は、娘を厳しく育てました。一人っ子だから甘やかして育てたと思われたくなかったと、家田荘子さんは語っています。躾が厳しく、家田荘子さんは、口数の少ない子供に育ちました。

家田荘子さんは、好き嫌いが激しく、偏食に悩まされていたそうです。乳製品にアレルギーがあると言います。そのため、不足する栄養素をサプリメントで摂取するようにしました。2~3錠飲んだら10分間隔をあける独特の飲み方を続けているそうです。

→胃癌を克服した芸能人!胃癌で亡くなった芸能人!

サプリメントの飲み過ぎは健康被害を引き起こす可能性がある

サプリメントの過剰摂取について、サプリメントの成分を分析した医師は問題点を指摘しています。家田荘子さんの場合、重複している栄養素がありました。

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンDです。ビタミンBとビタミンCは水溶性ビタミンなので、過剰に摂取した分は体外に排出されます。ビタミンDは脂溶性ビタミンなので、過剰に摂取すると、体内に蓄積されて尿毒症などにつながる可能性があるとされています。

偏食による栄養不足を補おうとサプリメントを過剰摂取すると、健康被害を引き起こす可能性があると医師は指摘しています。家田荘子さんのように乳製品にアレルギーがある場合、タンパク質とカルシウムが不足する可能性があります。肉や魚、卵、大豆などを食べることで、不足する栄養素を摂取することができます。

スポンサーリンク

→障害の子供を持つ芸能人・有名人

食物アレルギーの治療は原因食物の除去が原則!牛乳アレルギーの場合は?

食物アレルギーの治療は食事療法が基本です。正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去が原則です。食物の除去を行う場合は、代わりになる食物を取り入れて、栄養のバランスをとることが大切です。除去食をいつ頃から、どのように解除していくかということは、主治医の指示に基づいて対応することが重要です。

牛乳アレルギーの場合は、牛乳や乳製品の代わりにアレルギー用ミルクを使うこともあります。低アレルギーミルクは、栄養成分は変わりませんが、乳タンパクが消化されやすく処理してあります。

市販の低アレルギーミルクが複数あります。使い方については、医師と相談するようにしましょう。

→成田緑夢が障害者になった原因!事故で足が×××に!?

今回のまとめ

家田荘子さんは偏食がひどいことでも知られています。偏食による栄養不足を補うためにサプリメントを過剰摂取しています。サプリメントの飲み過ぎは、健康被害を引き起こす可能性があります。食物アレルギーの治療は、正しい診断に基づいた必要最小限の原因食物の除去と、代わりになる食物の摂取が基本です。

→桜井和寿を襲った脳梗塞の症状!副作用なく復帰できたのは何故?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です