高畑充希はバセドウ病なの?眼球が大きいのは本当に病気?

スポンサーリンク

女優でも歌手でもある高畑充希(たかはたみつき)さんには、いろいろな噂が流れていますね。

中には、眼球の大きさから「バセドウ病なのでは?」という噂もあります。

高畑充希さんは、両目ともハッキリとした二重なのですが、右目だけ目が大きいとも言われていることで、バセドウ病の噂が出たのでしょうか?

また、片目だけ眼が大きいのは本当に病気のせいなのでしょうか?

バセドウ病の特徴とはちょっと違う?

バセドウ病の症状に、「眼球突出(目が突き出てしまう)」といった症状があります。

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが多量に出てしまうといったことで、身体に様々な症状があらわれるのですが、眼球突出もその1つでもあるのです。

しかし、高畑充希さんの場合、眼球が出ているというか、ただ眼球の大きさが左右違うだけともいえます。

眼球突出は、バセドウ病の代表的な症状でもあるのですが、バセドウ病患者のうちの3割ぐらいに症状が出るものでもあり、眼球突出がみられないことも多いのです。

眼球が出ていなくても、まぶたの上が腫れるなどもあるのですが、そういった感じも見られませんよね。

眼球が突き出てしまっているのならわかりやすいともいえるのですが、大きさだけでは、バセドウ病と判断することは難しいですね。

また、上まぶたが上の方にひっぱられ、上まぶたと黒目の間に白目が見えてしまう眼瞼後退といった症状もあります。

しかし、これも高畑充希さんの場合は白目が見えているわけでもないので、違う可能性の方が高いです。

では、なぜ高畑充希さんの左右の目の大きさが違うのでしょうか?

スポンサーリンク

→バセドウ病に苦しんだ芸能人や有名人一覧

利き目の関係で大きさが違う?

みなさん、利き手や利き脚はご存知ですよね。

それと同じように、「利き目」というものもあります。

視力検査をしたときに、左右の視力が違っていることってありますよね。

もちろん、左右の視力の差が少ない人もいますし、全く同じという人だっています。

左右の視力が大きく違うことをガチャ目とも言いますが、眼鏡やコンタクトなどで矯正せずに放っておくと斜視(片目だけ焦点が違うところを向いている)になってしまうことも(・・;)

左右の視力に差がある人だと特になのですが、利き目の方を無意識に使うことが多くなります。

利き目の方を多く使うことで、そっち側の視力も下がりやすいことや、大きくなりやすいことがあります。

高畑充希さんも、利き目を特によく使うタイプだったのではないでしょうか。

そのため、左右の目の大きさが変わっているのかもしれませんよね。

芸能人ということもあり、「整形されているのでは?」という噂もありますが、実家がお金持ちでお嬢様という事なので、整形して目の大きさが違ってしまっているのなら、修正するために再整形してそうではないでしょうか(笑)

高畑充希さんの視力については特に情報がなかったので、「利き目の使いすぎのせいかも?」としかいえませんが…。

ただ、人間の顔って左右違いますよね。

左右全く同じって人の方が少ないものでもあります。

→本田圭佑選手のバセドウ病の原因!症状は目に現れる?

今回のまとめ

高畑充希さんは、片方だけ眼球が大きいが、バセドウ病ではない可能性の方が高い

パセドウ病は、眼球が大きいということでは疑いはあることもありますが、詳しく検査してみないとわからないのです。

スポンサーリンク

→絢香も苦しんだ病気バセドウ病!手の震え等の症状が出る?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です