統合失調症と噂されている芸能人・有名人

スポンサーリンク

ストレスが多い業界でもある芸能界。

そんな業界で働いているから、休業すると何かあったのではないかと噂が多く出ますよね。

今回は、総合失調症ではないかと噂されている芸能人や有名人の人たちを紹介していきます。

総合失調症と噂されている芸能人や有名人

・歌手の「玉置浩二(たまきこうじ)」さん。

ロックバンド「安全地帯」のボーカリストで、数々のヒット曲を手掛けた玉置浩二さん。そんな中、ライブ中に帰ってしまったり、観客に罵声を浴びせたりと奇妙な行動も多いです。

また、恋愛面でも破局を繰り返すなど、トラブルメーカでも…。奇妙な行動以外にも、幻覚をみることや、ありえない妄想をしていたということで、日常生活もままならなかったみたいです。精神病院に入院していた時もありましたが、医師とうまくいかず数日で勝手に退院してしまうということもありました。

玉置浩二さんの場合、気分が落ち込むうつ状態と、気分がハイになる躁状態が極端な躁鬱病(そううつびょう)でもあったとも言われていますが、総合失調症の症状とも重なります。玉置浩二さんが精神病を患っているという事だけはわかるのですが、病名をはっきり公表されていません。

現在でも完治はしていなく、急に症状があらわれてしまうこともあるようです。

・お笑い芸人の「岡村隆史(おかむらたかし)」さん。

お笑いコンビ「ナインティナイン」で人気の、明るい岡村隆史さん。2010年には、突然長期療養を発表していましたね。

意味のない言動を繰り返すことや、部屋の中をうろうろし始めることがあったため、総合失調症であった可能が高いとも言われています。奇妙な行動や、奇妙な言動は、総合失調症の特徴でもありますよね。岡村隆史さんも、病名までははっきりと公表されていないです。

・歌手の「華原朋美(かはらともみ)」さん。

小室哲哉との破局をきっかけに、長期休業していました。精神的にも追いつめられ、外にも出られなくなることもあったことなど、総合失調症のような症状がみられることがありました。

精神安定剤大量服用で自殺未遂などをおこしていた時期もあったことから、総合失調症だったのではないかと噂されています。

・お笑い芸人の鳥居みゆき「(とりいみゆき)」さん。

鳥居みゆきさんの場合、統合失調症か個性的キャラか曖昧なところでもあります。

ですが、ネタがリアルをもとに作られているという説や、行動や表情などが総合失調症に見えるとも言われていますね。

・歌手の「ASUKA(アスカ)」さん。

薬物使用の疑いで逮捕され、保釈されているASUKAさん。盗聴と盗撮されているといった不安感や恐怖心も多く、薬物での症状なのか、総合失調症による幻覚や妄想なのかわかりません。

また、精神病院に入院もされていますが、症状や、ブログの内容から、総合失調症ではないのかと噂が出ています。

・女優の「藤本美和子(ふじもと みわこ)」さん。

「ぷっつん女優」と呼ばれ、ぶっ飛んだ発言が注目されていた藤本美和子さん。

2003年6月26日に、皇居坂下門にタクシーで乗り付け、開門を要求しました。開けようとしない警察官に、「紀宮さまは私の妹。お会いしてお手紙を渡したいのです」と詰め寄り、1時間に渡り、タクシー内に立て籠もるという騒ぎを起こしました。

この騒動があってから、しばらく表舞台から姿を消しています。数年前からは、神奈川県小田原市内で徘徊生活を送る姿が、目撃されています。一連の奇行は、統合失調症によるものと噂されています。

スポンサーリンク

→ハウス加賀谷の統合失調症の原因!現在は完治しているのか?

病名まで公表している人もいる

・お笑い芸人の「ハウス加賀谷(ハウスかがや)」さん。

90年代にブレイクしたお笑いコンビ「松本ハウス」の、ボケ担当でもあるハウス加賀谷さん。1999年に、総合失調症の診断を受け活動休止しています。

ハウス加賀谷さんにあらわれていた症状は、幻覚と、自分の身体から出るにおいが耐えられなくなる「自己臭恐怖症」にかなり悩まされていました。現在は寛解(症状が一時的に落ち着いている状態)しているようですので、再発しないこといいですよね。

・漫画家の「卯月妙子(うづき たえこ)」さん。

小学5年生の時に異常体験が始まり、中学3年生の時に最初の自殺未遂を図っています。結婚した後、夫が投身自殺をして、それ以降、統合失調症が悪化して、自傷行為や殺人欲求などの症状のため、閉鎖病棟への入院と自殺未遂を繰り返します。2012年時点で、精神病院の入退院は7回。

代表作の『人間仮免中』は、統合失調症を患う作者と、内縁の夫・ボビーとの生活を、ユーモラスに描いた作品です。

・元スノーボードハーフパイプ選手の「今井メロ(いまい メロ)」さん。

15歳の時から精神科に通院。2013年に自身のブログで、統合失調症だと公表しています。

ブログには、「何もしてないと起きてるのに夢の中のような感覚だったり、人の声が遠く聞こえて私だけ別の世界にいるような感じ…日々同じ日常…私には無理な生き方なのかも知れません」と綴っています。

・小説家の「佐久本庸介(さくもと ようすけ)」さん。

19歳の時に統合失調症を発症。スキンケアの薬を塗っている時に、「今日も塗ってるね」という声が聞こえたのが、最初の兆候だったと言います。幻聴は次第にエスカレートして行き、入院して治療を始めます。闘病生活を続けながら、創作活動を行い、2015年『青春ロボット』にて作家デビューを果たします。

→雅子様の病気は統合失調症?治療は薬で行うのか?

今回のまとめ

芸能人や有名人の方は、TVにでていることもあり、ちょっとしたことで噂になってしまうことも多いですよね。

総合失調症になってしまった芸能人に関しても、噂が1人歩きしていることや、病名まで公表しているなど様々です。

医師に診断された場合は、確定ではありますが、診断されていない以上、噂や可能性でしかないことでもあります。

スポンサーリンク

→玉置浩二の病気は統合失調症?病気の原因や治療法は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です