トムクルーズの学習障害!ディスレクシア(失読症)とは?

スポンサーリンク

ハリウッドの大人気スターの「トムクルーズ」さんは、誰もが知っている有名人でもありますよね。

そんな彼は、学習障害であるディスレクシア(失読症)である事を告白しています。

ディスレクシアとはどういったものなのでしょうか?

学習障害の症状の1つでもあるディスレクシア

ディスレクシアは、学習障害(LD)の中でさらに分類されたものになります。

学習障害は、知能的な遅れがみられないにもかかわらず、「読む・書く・話す・聞く・計算する・推論する」ことの特定または複数が困難である障害です。

ディスレクシアは、この中でも「読む」能力において困難である障害になります。

トムクルーズさんは、「読んで理解すること」が困難であるディスレクシア(失語症)と7歳の時に診断されています。

普通の人と同じように、読んで理解することが困難なために、特別クラスに入っていました。

また、学習障害が原因で、同級生からいじめを受けてしまい、普通に勉強することも困難になってしまっていました。

そのため、12年間で15校も変えるということもあり、とてもつらい学生時代だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

→ガクトは発達障害?特徴的な会話や私生活は関係している?

トムクルーズがもっとも苦労したセリフ覚え

読んで理解することが困難なため、数々の作品に出演されているトムクルーズさんは、セリフを覚えることにも苦労されています。

学習障害をもつ人は、聴覚優位な人や視覚優位な人など、個人差もありますが、聞いて理解することや、絵などで見て覚えるなどを得意とする面もあります。

トムクルーズさんの場合、聴覚優位なタイプだったため、セリフを全部テープに録音してもらい、それを聞いてセリフを覚えるといった方法をとられていました。

字が読めないための工夫をされていたのですね。

それにしても、膨大なセリフの数を聞いて覚えてしまうのも凄いです。

トムクルーズさんは現在も失語症がなおっているわけではないのですが、ディスレクシアとの付き合い方を覚えることで克服し、裏で大変な苦労と努力を重ね続けています。

また、学習障害はアメリカでは国民の10%がディスレクシアと診断されるぐらい身近な障害でもありますが、まだまだ学習障害を知らない人も多いです。

学習障害は、発達障害と併発していると発見されやすいものでもありますが、学習障害のみの場合、気づかれないことも多くあります。

ただ、苦手なだけなのか、困難なのかの区別が判断しづらいこともあり、見逃されてしまっている人も少なくありません。

世界的に有名なトムクルーズさんが、ディスレクシアということを公表したことで結構認知も広まりまったのではないでしょうか。

→鳥居みゆきアスペルガー症候群説!性格はわざとらしいけど本当?

今回のまとめ

学習障害のうちの1つのディスレクシア(失語症)は、「読み」において困難になってしまっている障害になります。

学習障害は完治することはないが、自分の障害に向き合うことで克服したともいえる状態にもなります。

トムクルーズさんも、克服され現在もセリフ覚えは大変そうですが、活動しています。

スポンサーリンク

→学習障害だと言われている芸能人や有名人

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です