加藤一二三の特徴的な喋り方!発達障害やアスペルガーの人の喋り方について

スポンサーリンク

独特の喋り方で、最近、注目を集めている、加藤一二三さん。コメントが聞き取りにくい事から、「何かの障害なのか?」と、噂されています。

加藤一二三さんの特徴的な喋り方は、発達障害の人やアスペルガーの人にも見られるものでしょうか?

焦ったそうな言葉が多く挟まれるのが加藤一二三さんの喋り方の特徴

コメントを求められると、加藤一二三さんは、「えっ、あのー、そうですね。これはですねー。あのー、えっとですね。」と言う事が、目立ちます。すんなり解説の言葉が出ないのが、焦ったくてたまらないのか、せわしなく言葉を出し続けます。

滑舌が悪いのは、歯の問題もあるでしょうが、それ以上に特徴的なのが、言葉を紡ぎだそうとする焦りが、途切れなく見られる事です。

沈黙して、適切な言葉が出るのを待つと言う事が、加藤一二三さんの喋り方には見られません。その間に出される、意味の無い言葉の多さに、視聴者は唖然とし、障害を疑う人もいます。

→ビッグダディは発達障害?子だくさんの理由と発達障害の関係性

発達障害の人は一方的に喋り続ける事が多い!相手が関心なしと分かっていても喋り続ける

加藤一二三さんの場合は、相手の反応を見ながら喋っていますが、忙しなく喋り続けるのが、発達障害の人です。相手がうんざりしていても、相槌がほとんど無くても、ひるむ事なく喋り続けます。話の内容は、自分にとって関心のある事、その場で思いついた事です。

発達障害の人は、言葉を発するのが、自分の「思い」を伝える事だという事が、理解できていません。

そのため、非常によく喋りますが、自分が思っている事は、伝えられていません。言葉をコミュニケーションのために使うという事が、発達障害の人には、理解されていません。

スポンサーリンク

→田中勇一さんは自閉症?トラウマで記憶力が低下する事はある?

特徴的なマシンガントーク!何となく間があるから喋っている事もある

言葉をコミュニケーションの道具として使う事が分かっていないため、発達障害の人やアスペルガーの人は、自分が興味を持つ事を、ひたすら喋ります。

子供の場合、相手が聞いていない事が分かっていても、何となく間があるから喋らないといけないと思って、ただただ喋り続ける事もあります。

親に「黙っていてもいいんだよ」と教えられ、相手が関心が無い事を、ひたすら喋る「必要」はないと知る子供もいます。

アスペルガーの人に特徴的なマシンガントークは、自分が興味を持っている事を、自己完結的に表現したいという欲求に基づいています。言葉のやり取りが会話だという認識は、発達障害やアスペルガーの人にはありません。

→鳥居みゆきアスペルガー症候群説!性格はわざとらしいけど本当?

今回のまとめ

焦ったそうに、意味のない言葉を次々と出す、加藤一二三さんのコメント。何を言っているのか、聞き取りにくく、障害を疑う声も上がっています。

加藤一二三さんは、相手の反応を見ながら喋っていますが、次々と一方的に言葉をぶつけてくるのが、発達障害やアスペルガーの人です。発達障害やアスペルガーの人は、言葉のやり取りが会話だと理解できていません。

自分の関心事を、自己完結的に表現したいという欲求に基づいて、一方的に喋り続けます。相手が関心が無くても、お構いなしに喋り続けるのが、発達障害やアスペルガーの人です。

→川谷絵音の行動や発言からアスペルガーや発達障害の症状は見られる?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です