彦摩呂は太り過ぎで糖尿病にならないの?合併症の心配は?

スポンサーリンク

グルメリポーターの草分けとも言われる彦摩呂さん。彦摩呂さんの姿を見ると、太り過ぎで病気が心配になるという人は、少なくありません。

食事や食材を巧みに評価する上質なコメントを、今後も聞き続けたい視聴者の間から、「太り方が心配」という声が、多数あがっています。病気の心配はないのでしょうか?

2015年にダイエットして24kg減量!ところが反動でリバウンドしてしまった

彦摩呂さんは、身長172cm。体重は120kgと言われています。食レポの依頼が多い事に加え、「出された食事は完食するのがプロ」という自負があるのが、体重増加の理由とされています。2015年に一度、ダイエットしています。糖尿病、心臓病、肝臓病などの危険性が高まったためです。

この時は、低糖質ダイエットを行い、24kg減量して、テレビや週刊誌で話題になりました。低糖質ダイエットとは、糖質の摂取量を半分に抑え、代わりに繊維質の食物を倍食べるというダイエット方法です。

ところが、一気に体重が減った反動で、リバウンドしてしまい、現在は元と同じくらいの体重があると言います。

→ともさかりえは摂食障害?痩せすぎの原因は拒食症だから?

今のところ人間ドックでの異常は見つかっていない!そもそも糖尿病ってどうして発症するの?

現在、彦摩呂さんは、特に病気をしていません。懸念される糖尿病についても、異常は見られません。人間ドックには定期的に行っており、「数字はどこも悪くない。血圧も尿酸値も血糖値も正常」と語っています。

糖尿病は、合併症がむしろ怖いと言われており、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の三大合併症を始め、全身に合併症が出現します。そうした合併症も、今のところ、現れていないと言います。

太り過ぎると、インスリンが効かなくなり、血糖値が上がりやすくなります。高血糖の状態が続くと、膵臓が疲弊し、インスリンが分泌されにくくなります。インスリンが分泌されにくくなると、血糖値がコントロールできなくなります。この状態が、糖尿病です。

スポンサーリンク

→激やせ!中島美嘉は病気?拒食症の可能性は?

彦摩呂は膵臓の力が強い?とはいっても肥満は解消するのが安心

日本人は、ちょっと太り過ぎると、糖尿病になりやすいと言われています。欧米人の方が、肥満率が高いのに、糖尿病患者は、少ないのが実情です。

日本人が糖尿病になりやすいのは、膵臓の力が弱いためと言われています。膵臓は、インスリンを分泌します。日本人でも、膵臓の力が強いと、太り過ぎていても、糖尿病にならないケースがあります。

ただし、太り過ぎの中でも、内臓の周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満は、あらゆる生活習慣病の引き金になります。肥満を解消するのが、健康を維持するコツです。体重を3kg落としただけで、血糖値の改善が見られるとされます。

肥満の人は、摂取カロリーを減らしましょう。「標準体重 × 25Kcal」が1日の適切な摂取カロリーとされています。また、週に3日以上は運動をしましょう。有酸素運動と筋トレの組み合わせがオススメです。

→摂食障害・過食症・拒食症と言われる芸能人や有名人は?

今回のまとめ

楽しい食レポで人気の彦摩呂さん。今は1日に5軒担当しているそうで、太り過ぎから健康面が心配されています。日本人の場合、インスリンを分泌する膵臓の力が弱いため、ちょっと太り過ぎただけでも、糖尿病になりやすいと言われています。

膵臓の力が強い人だと、肥満でも糖尿病にならないケースがあります。彦摩呂さんは、そのケースの可能性があります。

ただし、肥満は、あらゆる生活習慣病の引き金になります。肥満を解消するよう、食事や運動に気を配る事が、健康を維持するコツです。

→高橋真麻が太った!激太りの原因は過食症?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です